リアップで髪を復活させる!若ハゲ男の最後の悪あがき

ハゲる奴はハゲる。でもやっぱり諦めたくない!薄毛を諦めない男の悪あがき。

育毛剤リアップでダメなら次に何を行うべきか!?

今の時代は髪の悩みを抱えている人も多くなっています。その中で育毛剤を使って悩みを改善しようと考えている人もいますが、育毛剤だけでは効果を期待する事が出来ません。今回は、髪の毛を守る事が出来る四大要素を紹介していきます。
・血液です。髪の毛に栄養を運んでくれるのは血液なので、血液の流れが悪い場合には、どれだけ正しい食生活を送った場合でも栄養が髪の毛に行き渡らなくなってしまいます。育毛効果を得る事が出来ないのです。
血液を滞らなくするために必要になってくるのは、運動です。有酸素運動を行う事により、効果を期待する事が出来ます。更に運動をすることにより、髪の毛の大敵となっているコレステロール値を下げる事もできて、育毛活動の味方になってくれると言えます。
何より大切になってくるのは、負担の少ない運動を毎日続けるという事が大切になってきます。例を挙げるとウォーキングやサイクリング、水泳、スクワットなど基本的に気軽に始める事が出来る運動がお勧めできます。実際に、ウォーキングなどを行う場合には、天気に左右されるのですが、そんな場合には、スクワットを行うのがお勧めできます。
軽い運動を毎日20分程度行う事により血流を改善する事が出来ます。無理に始めると逆に体に負担となってしまいますので、自分ができる時間帯に意識して続けていくようにしましょう。
・食事です。実際に血流をよくすることにより、育毛に効果を期待する事が出来ます。髪の毛を生やす為に必要な栄養素をきちんと補って行くようにしましょう。育毛の為に必要な栄養素をしっかり補って行く必要があります。
タンパク質です。タンパク質は髪の毛の元となる栄養素と言われていて、肉や魚、卵、大豆、豆腐など日常の食事に意識して取り入れるようにしましょう。また、タンパク質の吸収率を上げると言われているビタミン類を同時に摂取することにより、より効果を期待する事が出来ます。
他にもミネラルを意識する必要があり、ナトリウムや亜鉛など、貝類や青魚、海藻類に含まれている亜鉛は育毛ミネラルともいわれています。アリシンも同時に摂取するようにしましょう。血液をサラサラにする効果があり、代表的な食材としては、ニンニクやネギなどに含まれています。
・睡眠です。実際に今の時代は、忙しい日常を過ごしている人も多いと思いますが、髪の毛は眠っている間にタンパク質やビタミンなどにより作り上げられます。育毛のためには、良質な睡眠時間を確保する必要があります。
髪の毛が作られる状態は、成長ホルモンが活発化している状態のことで、成長ホルモンが活発化する時間帯は、22時~2時の間です。夜行性の人の場合には時間がずれるという事はありません。時間帯を逃さず就寝するように心がける必要があります。
成長ホルモンは、眠りに落ちてから1時間後に最大限に活発化します。それを考えるとゴールデンタイムの1時間前に眠っておく必要があり、21時~8.9時間程度寝るのが育毛を行う際にベストと言えます。
しかし、今の時代は、21時に寝る環境を整える事は難しいと感じますが、何よりも早めに就寝できる環境をつくるように心がけていく必要があり、食後、3時間以内に寝るようにして、寝る前のカフェインは避けるようにしましょう。
・ストレスです。ストレスは育毛の敵ともいわれています。ストレスが溜まってしまうことにより、血行不良や睡眠不足、内臓機能の低下というような症状を引き起こしてしまいます。その結果、どれだけ育毛を目指しても効果を期待する事が出来なくなってしまいます。
何より大切なことは、今の時代はストレス社会ともいわれていますが、その中で自分なりのストレス発散方法を見つけるようにしましょう。例を挙げるとスポーツをしたり、大声を出したり、歌を歌ったり、愚痴を聞いてもらったり、することがお勧めできます。
何よりも髪の毛を取り戻すより守るほうが簡単と言われていますが、日常の生活の中で、適度な運動を取り入れるようにして、バランスの良い食事、早めの就寝、休日などにはストレス解消を心がけることにより、生活のリズムをしっかり整える事が出来ます。
その結果、育毛の悩みを改善に導く事が出来ますし、これから悩みを抱えないように予防を行っていく事が出来るので、是非取り入れてみるようにしましょう。全ての事を全部最初からやるのは少し頑張り過ぎになってしまいますので、できる事から始めてみるようにしましょう。
育毛剤の効果だけでは育毛を目指す事が出来ませんので、日常の自分の生活を見直してみる事が育毛に繋がる1歩となります。悩みを改善する為に、できる事からスタートしましょう。